オンラインカジノで逮捕されるのはこのような場合

日本の法律では、本来、日本人はオンラインカジノを利用することができなくなっています。オンラインカジノが社会的問題とされているのは、突然逮捕される可能性を持っているからです。

運営元が逮捕されるとユーザーの逮捕もあり得る

運営していたオンラインカジノを利用していたことで、賭博を行っていると判断できる場合は逮捕されてしまいます。ユーザーの逮捕はそこまで多くありませんが、運営元がオンラインカジノを行なっていた時、利用していることが分かっていたユーザーは後から特定されて逮捕されることもあります。社会的にはオンラインカジノはいいものではないと思われています。
最近起こっているケースは、日本で運営されていて海外のサーバーを経由して提供されているオンラインカジノです。これを使ったことで日本のユーザーが日本のユーザーに対してお金を渡しているような状況を作ってしまい、後から気づいた時には逮捕されていることもあるのです。

調べればアクセスなども分かってしまう

もし運営しているところが危ないところと判断できるなら、調べることでアクセス履歴などを調べることができます。賭博罪を適応できるようなユーザーについては、この時点で逮捕することが可能となり、常習賭博にならない場合でも賭博罪を適応してとりあえず逮捕、事情聴取を行なってオンラインカジノの情報を聞き出すことがあります。
提供されているオンラインカジノの情報は、サイバー課を中心に確認していることが多く、その情報を得たことによって調査を開始しています。日本で運営されていることがわかっているなら、その情報を調べるためにはアクセス履歴を調べて、それからユーザーを経由してお金の移動を調べていることが多いです。

まだオンラインカジノはそこまでの信頼がない

しっかりと利用できると書かれていても、オンラインカジノは日本で禁止されている賭博に該当していることもあり、信頼されているサービスではありません。何かの原因で逮捕されることは絶対にあります。
社会的には認められていないことを考えると、使うことのできる範囲というのは限定されているケースも多くなっています。常習的に利用することは危険ですので、不定期にプレイをすることも大事になってきます。