オンラインカジノの監査団体

現在運営しているオンラインカジノは、色々な団体から監視されており、ペイアウト率についても監視されています。一定の基準を満たしていない場合は、詐欺行為をしていると判断さえてそのオンラインカジノは危険と提示されてしまうのです。これを避けるためにオンラインカジノは、ペイアウト率の割合をあまりにも下げないようにしています。

審査会社

会計事務所の監査を受けている

ペイアウト率は、オンラインカジノにとっては死活問題になっていて、これを高く設定することはユーザーが寄ってくることになりますが、詐欺行為はこの数字を偽装していることが多いです。偽装すれば簡単に稼げるように見せることが出来るなどのメリットを持っていて、普通に考えるとそうしたところは使わないほうがいいと判断できます。
しかしオンラインカジノは、会計事務所の監査を受けています。しかも世界で有名とされている事務所が担当していますので、抜け穴は用意されていません。これらの監査によって信頼されていることがわかっているので、ペイアウト率がおかしいと思える数字にされていることは殆どありません。

ジパングカジノで公表されているペイアウト:https://www.zipangcasino.com/faq/fair-gaming

昔は数字の偽装もかなり多かった

偽装行為は昔のほうが圧倒的に多いとされていて、ペイアウト率の数字が95%近いと書かれていたのに、実際には80%以下に設定されているなどの問題がありました。これは15%の詐欺とされているので、オンラインカジノの承認をされることはありませんし、ライセンスは本来剥奪されてしまうのですが、それを見抜くことができないために続いてしまったのもあります。
そこで会計事務所を通じて、本当に正しい数字が書かれているのかをチェックしています。数字が間違っているようなら直すようにしたり、監査上の問題があると判断して摘発されるなどの問題があります。従ってオンラインカジノは、余計なことができなくなりつつあります。

むしろおかしいところは監査されていない

おかしい数字が記載されているところは、監査を受けていないオンラインカジノ、つまり違法とされているカジノの運営が行われていることを意味します。ペイアウト率はわからないようにされますが、明らかにお金を使った金額に対して、戻ってくる金額が変だとわかります。
大手じゃないところを利用しないほうがいいのは、こうした監査を受けていないことによって、なんでもしていいと思ってしまう点にあります。これらの問題が起きないように、ユーザーは選ぶカジノを把握する必要があります。