投稿者「agroromano」のアーカイブ

パーレイ法と上手く付き合う方法

勝率がどんどん下がり続ける手法

よくマーチンゲール法と何が違うのと聞かれることがあるパーレイ法ですが、マーチンゲール法は、負けている時に何とかして挽回・回収すること、パーレイ法は勝っている時にどんどん増やす事を目的とした攻略法と言う違いがあります。しかし勝率はパーレイ法は徐々に下がり続けることになり、マーチンゲール法は上昇することになります。

連勝が続かない場合結果が逆になる

流れという部分もありますが、連勝と連敗は違った意味合いを持っています。連勝は続くことが基本的になく、連敗は何処かで止まると思われています。しかし連敗を止めることも大変なので、一気に回収するためのマーチンゲール法を利用されることが多いです。パーレイ法は連勝をすることですから、非常に難しい対応をしていると考えていいです。
基本的に、パーレイ法は勝率が徐々に下がり続けてしまい、10連勝の確率は1%を切ってしまいます。一方でマーチンゲール法を使っている時、連敗する確率は徐々に減っていき、10連敗の確率は1%未満とされています。実はパーレイ法とマーチンゲール法は反比例する数字となっており、連勝する確率はかなり減り、連敗から抜けられる確率は上昇することになります。

パーレイ法の場合は10連勝できるかが重要に

基本的に、10連勝する確率は0.01%とされます。これは1000回プレイして1回起こるかどうかの低確率となっており、多くの人はその前で負けてしまうと考えられます。オンラインカジノの場合は、確率にはない何かがありますから、プログラムの状況などを踏まえて連勝が突然止まってしまう可能性もあります。
10連勝できれば、その時点で10万円以上の利益を持っていることとなり、非常に多くの金額を確保できることとなります。パーレイ法では相当有効な方法ですから、出来れば10連勝は狙いたいところです。確率が低いことを頭に入れながら、10連勝できるチャンスがあるなら狙っていくといいです。
ただ連勝を止めてしまった場合は、その時点でマイナスに転落することとなります。パーレイ法は、どこかでしっかりと利益を確定させることも大事で、また1からスタートしてもいいのです。連勝できることを重点的に考えたいですが、オンラインカジノでそう簡単に10連勝ができるほど甘くはありません。何とかしたいと思っているよりも、出来れば途中で止めたり、チャンスがあるときだけ狙うなどの対応をしてください。

欲を切り捨てると勝ちやすい方法になる

パーレイ法の弱点、それは人の心にあります。人の心が欲に染まっていることは、それだけ負けてしまう可能性を高めることになり、勝てない状況を作ってしまうことが多いです。欲を切り捨てることが出来れば、オンラインカジノでも勝ちやすい攻略法として使われます。欲を捨てるために行う方法は2つあり、1つはある程度のタイミングでストップすること、もう1つは半分だけをプラスしてパーレイ法に使う方法です。

ストップすることがかなり重要になる

欲を捨てられない場合、連勝している時にはどんどん狙っていくと判断できますが、ストップできないと連勝していた時の利益が突然なくなってしまうこともあります。とにかくストップすることが必要になってきて、100ドルを超えたらストップするとか、200ドルまで行ったら絶対にやめておくなどの方法を取ります。オンラインカジノでストップできる気持ちを持っていることは、欲を持っていないことになりますから、大きなプラスよりもある程度のプラスで頑張れるようになります。
1000ドルまで行くという気持ちよりも、100ドルでもいいやという気持ちのほうがいいです。オンラインカジノは何が起こるのかわかりませんし、当たらないことは結構出てくるものです。オンラインカジノで勝ちたいなら、パーレイ法であまりにも無理をする方法は避けて、一定のラインまで行ったら終わりにする方法を取ってください。マーチンゲール法なら無制限で勝負をすることとなりますが、パーレイ法は逆の方法ですから、途中で止める気持ちを持ってください。

半分だけプラスして利益を確保する

もう1つは、パーレイ法でも安定する手法に切り替えることです。半分だけプラスして勝負をすることで、もらった金額の半分は残しておく方法を取ります。パーレイ法は、もらった金額を全額使うわけでもありませんから、使わないお金をオンラインカジノに残して、一部だけを使ってパーレイ法を続ければ利益は出せます。
これなら無制限にプレイしても大丈夫ですし、勝っている金額の半分は戻ってくることとなりますから、損失が計上されることもありません。パーレイ法の弱点とされている、欲を生んでしまうことを最初から減らしてしまい、オンラインカジノで勝つことを狙います。無制限にプレイを続けたい、リミットまで頑張りたいと思っている場合でも、半分だけプラスする方法はかなり有効ですから、お金を残したいならこちらを使ってください。

アイウォレットの使用上の注意

対応しているオンラインカジノが少ない点に気をつける

有名なオンラインカジノは入出金サービスに対応していることが普通です。当然多くのサービスに対応しているように思われますが、1つの会社しか対応していないところもあります。アイウォレットは、オンラインカジノでもそこまで多く対応していないことが多いので、利用したいと思ったらあまり使えなかったりすることが多々あります。

〇対応しているカジノは多くない

エコペイズが対応するようになり、多くのオンラインカジノがそちらに移行することになりました。複数のサービスに対応する必要が無いと思われている傾向もあるので、結果的に対応しているところが減りつつあります。アイウォレットに対応している中で有名なのは、ベラジョンカジノくらいです。後はジパングカジノとジャンボリーなどが対応していますが、そこまで多いわけでもありません。
オンラインカジノを運営していることで有名なウィリアムヒルカジノは非対応となっていますし、ワイルドジャングルカジノも対応していないのです。対応しているところが多ければ多いほど有利ですが、エコペイズの方が対応しているオンラインカジノが多くなっており、最終的に利用できるオンラインカジノの少なささに戸惑ってしまうかもしれません。
アイウォレット自体は良いサービスですし、日本語の対応がかなり前から行われていたことも事実です。しかしオンラインカジノの麺では少し遅れを取ってしまっていること、エコペイズが日本語に対応して手続きが楽にできることなどから、オンラインカジノ側もあまり使っていないサービスに変わってしまったのです。

〇これから増える可能性もある

オンラインカジノは増え続けているので、入出金サービスに対応させるところも増えてきます。その時にアイウォレットを選ぶのか、それともエコペイズを選ぶのかが重要になっています。どちらを選ぶのかによって、サービスの質が変わってくることになりますから、できることなら対応しているサービスが拡大して、アイウォレットが使いやすい状況が生まれたほうがいいかもしれません。
今後もエコペイズとの争いはかなり行われることになり、アイウォレットは拡大する可能性を秘めています。口座を持っていれば、もしかしたら突然使えるようになったサービスが増えたり、オンラインカジノの決済が行いやすくなるなど、メリットとして感じるところが出てくるかもしれません。それを待つようにしつつ、アイウォレットの入金額を調整しておくといいでしょう。

口座解約時にも手数料が必要

オンラインカジノを変えたいと思っている場合、アイウォレットが対応していないなら口座解約をしたいものです。これによって口座が使えないようにして、休眠口座手数料が発生しないようにします。ところが解約するにもお金が必要になり、アイウォレットは手数料を徴収します。解約の方法に加えて、手数料についても理解しておきましょう。

〇解約自体はアカウントから可能

もし解約したいと思っているなら、アカウントにある解約の手続きページに入ります。ここに入れば、アイウォレットのアカウントを削除できます。削除するには理由が必要と思われがちですが、実はそうしたものはありません。要らないと思っているならどんどん消してしまえばいいのです。つまりアカウント自体は、簡単に解約できると思われます。
しかし実際には、解約すると面倒なお金が発生するように調整しており、アイウォレットが解約を止めるようにしています。間違ってアカウントを作ってしまった場合も、手数料が必要になります。解約すると手数料が必要と思い、放置していると今度は休眠口座手数料が発生します。年間で20ドルを支払うことになり、使っていないのに余計なお金を取られてしまうのは大変です。従って休眠するくらいなら、どんどん解約したほうが得になります。

〇解約手数料は5ドル

使いづらいとか、オンラインカジノを変えたいと思っている場合に、アイウォレットを解約することとなりますが、手数料は5ドル必要です。このお金は口座から差し引かれるケースが多いのですが、入っていない場合は別途に支払いが発生します。入れておいたほうが楽ですから、10ドルくらい入金して残しておくか、必要な手数料を支払える体制を整えてください。
解約手数料が発生するのは厄介なことで、本来なら支払わなくてもいい手数料を払っている形になります。日本と違い解約することを恐れている傾向がありますので、アイウォレットはその引き止め要因として、色々なところに手数料を使っています。意外と面倒な部分も多いので、口座作成前に考えたほうがいいでしょう。

〇解約が完了するとアカウントは消滅

解約が完了して、アカウントが使えなくなると、ログイン不可能になります。新しいアカウントを作らないと、アイウォレットを利用できません。解約してよかったと思えるように、解約する際は必要なものは全て出し、そして何も残されていない状態で行ってください。お金が残っている状態では、逆に解約しづらいのです。

オンラインカジノの規制に関連する問題と改善

日本でのオンラインカジノは、グレーゾーン扱いとなっているため、基本的には違法として考えていくしかありません。しかし、グレーゾーンとされていても、日本人向けに提供されているオンラインカジノが多くなっています。日本人を狙っているのは、海外の人よりもギャンブルの方法が制限されていて、より簡単にできるネットのギャンブルを希望している傾向があります。ギャンブル依存症への対策も十分に進められている中、それでもオンラインカジノを利用したいと思っている人が多い現状も多いのです。

オンラインカジノが独自に行っている規制も


オンラインカジノとしては、問題が起こらないように調整させつつ、その上でオンラインカジノを十分に楽しんでもらいたいと思っているので、独自の規制を行っている場合もあります。独自の方法については、入金制限を行っている場合です。入金する金額を制限しておけば、ギャンブルに関連する問題は起こらないだろうと考えています。オンラインカジノとしては、多く使ってくれることが何よりも重要になっていますが、それ以上に考えてもらいたいのが依存症回避への取り組みです。

ギャンブル依存症になってしまうと、大金を使ってしまう場合があります。自分が使えるお小遣いは限られているのに、全て使ってしまって生活が困難となってしまったり、思っていた以上に辛い生活を続ける必要が出てきます。オンラインカジノは、ギャンブル依存症を誘発させることはせず、常識の範囲内でギャンブルを楽しんでもらいたいと考えているため、独自の規制を設けるようにして、多くの金額を使う場合には注意喚起などを行っています。

1日に利用できる金額を制限して、あまり使わないように調整しているオンラインカジノも出ています。ベラジョンカジノのように、個人的に制限を加えることで、ログインしている間にプレイできる時間だったり、入金額に制限を加えています。使う金額を調整していくことで、ユーザーが起こしている問題を減らしたいと考えているのもオンラインカジノの思いです。制限を設けている部分が多くなっているのも、今後の利用者が考えてくれることに期待しているためでもあります。

それでも減らないオンラインカジノへの依存


オンラインカジノが独自に行っている方法によって、多少入金額の調整をされたり、使う金額が減っているように思われますが、依存している人が減っていないわけではありません。むしろ、日本人向けにオンラインカジノの宣伝を増やしてしまったために、プレイしているユーザー自体は増えています。1度プレイしているユーザーが、オンラインカジノの魅力に取り憑かれてしまうと、そのままプレイを続けるようになります。こうしてオンラインカジノを多く利用されていることで、ギャンブル依存症に陥る場合もあります。

依存を回避するため、ログインしている時間を制限したり、規制している部分を増やしたオンラインカジノもありますが、抜け道がまだ残されています。ログイン規制は、ログアウトして再ログインを繰り返せば、結果的にプレイできる状況に変わらないのです。入金制限も、1日に制限している金額ですから、翌日になれば更に入金できるようになってしまい、多く入れたい場合は分割すればオンラインカジノへ入れられるようになります。

これからオンラインカジノは、より厳しい規制を考えて行っていく可能性もあります。入金規制を更に厳しいものにしたり、ログインを数回できないように調整するなど、依存症を作らないための改善を進める場合もあります。しかし、オンラインカジノは海外の会社です。日本人がどのようなプレイを行っていたとしても、結果的に自分たちは関係ないというイメージを強く持っています。なかなか現状では変わっていかないのです。

個人でオンラインカジノの問題を解決しよう


個人的に解決したいと思っているなら、オンラインカジノが持っている問題をしっかりと改善できるよう、入金などの問題を検討してください。ボーナスによって制限されるようになると、出したいと思うためにギャンブル依存症に陥る可能性があります。ボーナスを受け取らないようにして、少ない金額でちょっとだけ遊んでいくようなオンラインカジノの取り組みも大事になってきます。

プレイする金額が制限されるようになると、より多くの金額を使っている人よりも的中率は下がります。しかし、プレイしている回数が小さいために、損失を多くする問題はなくなっていくのです。かなり多くの損失を出してしまうのが嫌なのであれば、最初からオンラインカジノに入れる金額は小さいものにして、ボーナスは受け取らないか0ドルまでプレイを続行するような方法を取ってください。

個人でも対策のできる方法は多く用意されます。クレジットカードを利用した入金を減らすようにしたり、大金を使うようなゲームを避けるようにするなど、対策を進めるようにしながら多くの利益を追求するのが望ましいです。

税金と合法性について

オンラインカジノの法律的扱いについて
オンラインカジノは違法?
大手のオンラインカジノは、各国政府などの運営許可証(ライセンス)を受けて合法的に運営を行っています。
その為オンラインカジノ運営会社の存在自体には違法性はありません。

このライセンスを取得せず運営している場合、悪質なカジノが多いので利用は避けるべきだと思います。
許可をもらっているオンラインカジノはトップページに記載してありますので、各カジノで詳細を確認してみて下さい。
さて、問題は日本の法律(賭博法)にインターネットを通じて賭け事をした場合に触れるかどうか、、
上にもあるように、各オンラインカジノではその政府が発行する正式なライセンス(運営許可証)を取得しますので、
その国の法律の元で運営しています。
オンラインカジノ会社や日本人サポートスタッフも海外にて運営しているのです。

その為日本の法律上にある賭博罪や富くじ罪というのは、胴元(オンラインカジノ会社)とプレイヤーが国内にいなければ成立しません。

つまり、胴元が海外で合法的に運営しているオンラインカジノを日本の法律で摘発するのは難しく事実上グレーという扱いになるのです。

【ではなぜインターネットカジノカフェが摘発されたのか?】

一見インターネットを利用したカジノという同じ形態に思われますが、この二つには大きな違いがあるので注意が必要です。

上でも述べているように胴元とプレイヤーが共に日本国内にいては違法になります。
オンラインカジノは胴元が海外、プレイヤーが日本になりますが、
インターネットカジノカフェの場合は、ゲーム自体は海外でカウントされますが、遊べる環境を店側が提供しプレイ結果に応じてプレイヤーに現金(賞金)を支払う。
というシステムになっている為、国内で現金に精算してくれるカジノカフェでは胴元、プレイヤーともに国内になりますので賭博が成立するのです。

因みに国内の認められたギャンブル(競馬、パチンコなど)は三店方式といって微妙なさじ加減で運営されています。
※実際はお店とお客はお金のやりとりはしていないことになっている。

しかしインターネットカジノカフェはお店とお客の直接的なやり取りしかありません。
その為インターネットカジノカフェは摘発の対象になるのです。
ちょっとややこしいですがご理解いただけましたででょうか?

上記内容をふまえオンラインカジノを自宅で個人でプレイするには海外のカジノにアクセスしているので大丈夫というわけです。

しかし、現在違法性があっても逮捕、検挙までは至っていないだけかもしれません。
従ってオンラインカジノをプレイするのはご自身の判断と責任で行うようにして下さい。

オンラインカジノで勝った場合の税金って?
税金
オンラインカジノは国外のサイトですが、税金徴収の対象は日本です。

種類としては、競馬、競輪の配当と同じ【一時所得】になります。
※勝ち金が50万円未満の場合は、税金がかからないので申告する必要はありません。
総収入-収入を得るための支出-特別控除額(年間最高50万円)=一時所得
分かりやすく例を挙げるとすると、、

100万円収入がありそれまでに賭けた金額が10万円の場合、支出を差し引いた金額、90万円が一時所得となります。

年間での利益が90万円だった場合は50万円(※特別控除額)が差し引かれ、一時所得は40万円という計算になります。

課税対象は一時所得の1/2の金額ですので、国に治める金額は20万円となります。

ここから更に、カジノ以外の年収やら他にも色々あるので納付額はかわってきますが。。
基本的にはこのような金額になります!

しかし注意点がひとつ!!!
一時所得は損益通算(いわゆる控除)の適用がありません。

———————–
今日は50万勝ったよ~ヽ(´▽`)ノ

次の日50万円負けちゃった。。。(ToT)

んじゃープラマイ0だから申請しなくていいな。^^
———————–

っとはならず50万円のままとなってしまうので注意しておきましょう。。

※出金までした場合

ん?まてよ、、、
黙っていればどんだけ勝ったかなんかわからないのじゃないの??
っと考える人も多いと思います。

実際パチンコや競馬のお金のやりとりはその場で行っている為、黙っている限り誰も把握できません。
しかしインターネット上では1円単位で記録されていますので調べればすぐに分かります。。
なので黙って逃げ切ろうと思わずしっかり税を収めましょうw
確定申告出来るほどオンラインカジノで稼いだって事なので。。。w

カジノサイトの違いが安心感に繋がる

安心感

これまでと同じようなカジノサイトを作っていると、オンラインカジノをプレイしている方は利用しなくなり、もっといいオンラインカジノに移動することもあります。実際に利用している人が多くなってくると、オンラインカジノでも使いやすいところを利用して、もっと勝てるようにする方法を取っているのです。オンラインカジノをプレイしている方は、更新しているサイトの状況などをしっかり踏まえつつ、自分がプレイしてよかったと思えるようなオンラインカジノを見つけてください。

安心できるオンラインカジノの見分け方

ジパングサポートマン

オンラインカジノの見分け方がわからないと、失敗する可能性も多々あります。オンラインカジノを見つける時には、安心できるところをしっかりと選ぶことと、その基準を知っておくことです。オンラインカジノで使える部分としてはいくつかありますので、1つ1つをチェックして自分で決めるようにしてください。

まずサイトの更新が頻繁に実施されているかが重要になります。ゲームの更新は行われているかわかりますが、ホームページの更新は利用していないとあまり見ないので、オンラインカジノの情報を知りたいと思っている人以外はあまり使わないのです。しかしサイトが更新されていないことは、オンラインカジノのトラブルに対応していない可能性がある他、サイト自体を放置している形となり、出金トラブルが起こりやすくなります。オンラインカジノを選ぶ際には、サイトの更新状況をしっかりと見るようにして、更新されている回数が多ければ多いほどいいものと考えてください。その点、ジパングカジノなどは更新も多く、安心できるサイト運営がされています。

次にオンラインカジノのトラブルが起きないかチェックしてください。サイト上でトラブルが起きている場合は、ホームページで紹介されている場合もあります。しかし突然のトラブルが多発したり、無料ゲームをプレイしているだけでプレイ不可能になるタイミングが出てくるなど、サイトのサーバーが弱すぎる可能性もあります。オンラインカジノをプレイするなら、より安定しているサーバーがいいので、ゲームが突然止まってしまうなどの問題が生まれているなら、そのオンラインカジノは避けるようにしてください。

更に重要になっているのが、チャットなどの問い合わせ先がしっかり整備されていることです。整備されていないまま放置されていると、問い合わせに時間がかかってしまいます。オンラインカジノでは、問い合わせはしっかりと対応してもらったほうがいいので、対応が遅くなるような手法を使っているなら少し問題だと思ってください。問い合わせがリアルタイムで行えるようにしていることは大きな良さでもありますし、困っている時に話しやすいです。チャットを持っているオンラインカジノを有効に使ってください。

危ないオンラインカジノの特徴は

怪しいオンラインカジノ

逆に危ないとされているオンラインカジノの特徴として、一番多いのはサイトを放置していることで、画像などが消えていることです。本来ホームページは、定期的な更新を行うことで、サイトをしっかりと表示されるようにしています。しかし放置していたことで、サイトの更新がしっかりされていないため、更新されていない画像などが消えていることがあります。オンラインカジノで画像が消えているのは、おかしいと思ったほうがいいくらいなので、これは危ないと考えてもいいでしょう。

そして入出金サービスとの契約が行われていなくて、契約しているサービスが表示されていないことも問題になります。別に必要ではないと思っている方も多いのですが、オンラインカジノではできれば入出金サービスとの契約が重要になっており、利用している人がメリットを受けられる状況にならないといけません。オンラインカジノでは、エコペイズかアイウォレットの契約は当然とされていて、契約していないならおかしいと判断されます。オンラインカジノを利用するために、登録されているかどうかを見ておくことは、お金の安心感を作る意味でも重要になります。

そしてライブゲームについてチェックしてください。ライブゲームを持っているオンラインカジノはいいとされていますが、危ないオンラインカジノの場合はディーラーが日本人です。海外の人を利用しているなら問題ありませんが、日本人を利用しているならおかしいと思ってください。日本人を使っているオンラインカジノなんてありませんから、ディーラーが日本人で、日本語で話しかけてくるような状況があるなら、これはオンラインカジノとしても違和感がすごくあります。

危ないとされているところは、お金が出てこなかったり、逮捕される可能性が高まるなど、オンラインカジノのトラブルとして考えられることが全て起こりやすいと言われます。オンラインカジノを利用する場合は、自分の安全を考えるようにしてプレイしたいですし、安心できるオンラインカジノの見分け方などを使いながら、問題のないプレイをしたいものです。