マージャンとオンラインカジノはここが違う

違法と判断されて逮捕される事があるなど、麻雀も難しい面を持っています。麻雀は技術を持っている人じゃないと勝てないとされていて、ギャンブルとしてはかなり厳しい部類に入っています。麻雀とオンラインカジノとはここが違うという部分を紹介します。

麻雀

麻雀はルールだけでなく技術が必要

オンラインカジノに技術は殆ど必要ありません。むしろ持っていない人がビギナーズラックで勝ってしまうこともあり、これが成功する近道だと言っている人もいます。しかし麻雀にそれはありません。ビギナーズラックが通用するほど甘いものではなく、確かに運は必要になっていますが技術が必要で、役を高くするために何をしないと駄目なのかを分かっていないといけません。
技術を持っている人が強いとされていて、麻雀のプロとなれば相当な強さを持っています。それくらいの強さを持っていて、いわゆる裏プロとされているくらいの強さがないと勝ち続けることは相当困難です。オンラインカジノならそうしたことをしなくても勝てるようになります。

麻雀は賭け事が禁じられつつある

一番の問題は、麻雀の問題によって賭けられるところが減っていることです。一応行なってもいいとされているところはあるものの、賭けマージャンが中心となっている店は全て方針を変更することとなり、カジュアルでプレイできるような状態に変わるようになりました。
オンラインカジノは賭け事を禁止されているわけでもありませんし、日本で違法だと取られてしまうケースでも、わからないような状態になっているならそもそもそこまで考えられることもなく、プレイを続けることができます。現在の環境の違いというのも明確になりつつあります。

貰えるお金が少ないのも問題

受け取ることが出来るお金についても違いがあり、いくら勝ったとしても点数によって計算されることになり、受け取る金額がそこまで多くなることもありません。またゲーム自体は結構長くなることもあり、時給に換算しても大した金額を受け取ることができないままとなります。
受け取れる金額もオンラインカジノのほうが強みを持っています。一気に数十万円もらう事ができれば、数日どころか数カ月分の給料に匹敵するような状態になります。それくらいの金額が1日で手に入ることも、オンラインカジノの良さとなっています。