投稿者「agroromano」のアーカイブ

一山当てたい時にプレイすべきギャンブル

オンラインカジノの魅力

オンラインカジノは、主に海外の企業が世界中の人々を対象として運営しているインターネット上のカジノサイトです。
マカオやラスベガスなどのランドカジノに行かなくても、パソコンやスマートフォンを利用して本場のギャンブルを楽しむことができます。

オンラインカジノの魅力

オンラインカジノはどれだけ儲かるのか?

オンラインカジノは還元率が高いため、ジャックポットが発生しやすいという特徴があります。還元率はペイアウト率とも呼ばれます。
胴元が運営費を売上から控除した残りの額が売上に占める割合のことで、総売上のうち利用者に還元される部分の割合を示しています。還元率が高いほど、ジャックポットが発生しやすくなります。

尚、ジャックポットとはギャンブルにおける大当たりのことです。
オンラインカジノの還元率は95%以上とされています。ちなみにパチンコやパチスロ、競馬などの還元率は70%から80%です。
オンラインカジノは日本からも多くの利用者がおり、1億円を超えるジャックポットが発生したケースも存在します。

オンラインカジノの法的属性

日本にいながら本場のギャンブルを楽しめるオンラインカジノは基本的に安全かつ合法です。海外のサーバー上にあるため、日本国内からアクセスしてギャンブルを楽しんでも原則として法規制の対象とはなりません。
また各オンラインカジノでは世界各国の政府からライセンスを取得して安全性が担保されています。
ライセンスはイギリスやフィリピン、パナマなどの政府が発行しており、取得するには厳格な審査を通過する必要があります。
審査を通過して実際にライセンスを取得する際には、高額なライセンス料を支払います。さらに取得後も定期的に審査が行われ、サイトの安全性が試されます。
一般的なオンラインカジノでは莫大なコストをかけて安全性の向上に努めており、誰もが安心して遊ぶことができます。

オンラインカジノは基本的に世界中の人々を対象として営業していますが、日本語で遊べるサイトも存在します。
手続が日本語でできるので非常にスムーズに遊べます。マカオなどのランドカジノで遊ぶ場合には、現地の言葉を使用します。
オンラインカジノを利用して本場のカジノでの遊び方に慣れておけば、実際にランドカジノへ行く場合にも安心です。

日本国内にもオンラインカジノにアクセスしてギャンブルを楽しんでいる多くの人たちがいます。
基本的にオンラインカジノは合法かつ安全に遊ぶことができますが、実質的に日本国内で賭博場を開帳していると見なされる場合など違法と判断されることがあるので注意が必要です。

オンラインカジノの法的属性

オンラインカジノと法律の歴史

オンラインカジノは海外の企業が世界中の人々を対象として営業しており、サイトも海外のサーバー上にあります。
日本国内からアクセスしてギャンブルを楽しんでも、明確な法規制は行われていないので合法と扱われます。
ただし一定の場合には違法と判断されることがあるので注意が必要です。

2016年2月には決済サービス「NetBanQ」の運営者が千葉県警によって逮捕されました。
同時にオンラインカジノの利用者も数名が家宅捜索を受けています。

このケースでは海外のオンラインカジノを利用していたものの、日本国内で決済サービスを提供したことが問題とされました。
家宅捜索を受けた利用者は略式起訴を受けましたが、1名が裁判で争ったところ不起訴処分となっています。
2016年3月11日には海外に拠点があるオンラインカジノの「スマートライブカジノ」が京都府警によって摘発され、個人利用客3名が単純賭博罪で逮捕されました。
しかしこのケースでも利用者は最終的に不起訴処分となっています。

日本国内で賭博場を開帳しているのと同視されるケースでは運営者が逮捕されて有罪とされたことはありますが、利用者が明確に違法と判断されたことはありません。
2016年6月10日に京都府警が摘発し運営者を逮捕した「ドリームカジノ」も、海外のライセンスを取得していたオンラインカジノでした。
スマートライブカジノも海外のライセンスを持っていましたが、実質的に日本国内で賭博場を開帳したと見なされたケースです。
ちなみにスマートライブカジノはイギリス、ドリームカジノはオランダ領キュラソー島でライセンスを取得して営業を行っていました。

オンラインカジノは基本的に合法かつ安全に遊ぶことができますが、このように日本人のみを対象とする場合には違法と判断されます。各サイトの特徴を十分確認してから利用する必要があります。

初心者が安心してギャンブルを楽しむには

オンラインカジノは基本的に海外の企業が世界中の人々を対象として営業しています。
中には日本語に対応したサイトもあり、合法かつ安全に遊ぶことができます。

一方で拠点を海外に置いていても、日本の業者が日本人のみを対象としてサービスを行っているサイトもあります。
実質的に日本国内で賭博場が開帳するのと同視される場合には、違法とされる場合があるので注意が必要です。
海外企業が運営する一般的な大手オンラインカジノでは、日本人だけでなく世界中の人々を顧客としているため違法と判断される心配はありません。
初心者でも安心してギャンブルを楽しむことができます。

真に安全なオンラインカジノとは

オンラインカジノはイカサマ?

オンラインカジノはイカサマ?

オンラインカジノが、今人気となっています。オンラインカジノは、ネット上で楽しめるギャンブルの一種で、パチンコやスロットなどのように、お店に行く必要はありません。
パソコン、そして携帯電話などのタブレット端末から、自由に参加をすることが出来るギャンブルです。
もちろん、年齢制限はあるものの、日本人プレイヤーも、海外のサイトへとアクセスして、そしてゲームが出来ます。
実際にお金を賭けてプレイが出来ますし、大金を稼ぐことも可能です。

色んなオンラインカジノがありますが、大手のオンラインカジノに関しては、一流企業が運営をしていて安全性も確かです。
大手のオンラインカジノについては、合法国で正式にライセンスが発行され、厳正な審査を受けています。つまり、オンラインカジノはイカサマといったイメージは、今ではかなりクリーンなイメージとなっています。
日本では、まだまだ馴染みはありませんが、外国では既にメジャーな存在で、テレビのコマーシャルで放映されたり、映画作品とのタイアップゲームが次々導入されていて、エンターテイメントの一つとして親しまれています。

オンラインカジノの成り立ち

オンラインカジノは1994年に初めて登場しました。その当時は、それほど数自体も多くはありませんでしたし、悪質なオンラインカジノや不正なイカサマサイトも多かったです。
しかし、ライセンス制度が出来てからはこういった悪質なサイトは淘汰されてつつあります。
そして今では、オンラインカジノの数自体は数千種類もの数があり、多くのゲームで遊ぶことが出来ます。

大手のソフトウェア開発会社であるマイクロゲーミング社などが、オンラインカジノ事業に乗り出し、そしてカジノゲームの開発を初めて試みました。
そして、インターネットが普及すると同時に、爆発的に世界に広まり、今は欧州を始めとした先進国で、遊ばれています。
日本でももちろん日本語化されたオンラインカジノで遊ぶプレイヤーの数が増えており、入出金に関しても以前より便利になっています。

オンラインカジノの入出金

オンラインカジノの入出金

オンラインカジノを行う上で、気になるのが入出金に関することです。
お金を入れたり出したりするのは、海外の業者なので、少し複雑な仕組みになっているのは確かですが、オンライン決済サービスの登場により、一つのアカウントで入出金が管理することが出来るようになりました。よって、以前よりも、入出金の手間が限りなく少なくなっています。
クレジットカードで入金をする事が出来て、サポートに出金申請をすれば、ATMなどでお金を引き出すことが出来ますので、利便性が高くなっています。
もっとも、パチンコやスロットと比較すると、どうしてもキャッシュフローが遅くなりますが、個人情報もしっかりと保護されており、セキュリティ面でも万全なので、安心して入出金が行えるようになっています。

オンラインカジノとソフトウェア

オンラインカジノの仕組みとして、運営を行っているのは運営業者ですが、中のゲームのソフトウェアは、ライセンス契約を結び、ソフトウェア開発会社に外注をしているというのが一般的です。
よって、オンラインカジノの信頼性は、ソフトウェアでも決まってしまうといえるでしょう。
大手のソフトウェア会社には、「プレイテック」「マイクロゲーミング」「ネットエント」などがあります。実績と信用がある、ソフトウェアは一部となり、限られていますので、どのソフトウェアでも良いかというとそうではなく、こういった大手のソフトウェアが導入されているかどうかをチェックしましょう。
システムの根幹であるソフトウェアは非常に大切であり、大手の安全性の高いソフトウェアは、外部の監査機関にて公平性などが認定されており、不正もなく、安心してプレイが出来ます。

外部監査機関の存在

オンラインカジノを運営するに当たって、国からライセンスを発行して貰う必要があり、これには厳正な審査が必要です。
また、ライセンスを取得すればそれで終わりというわけではなく、その後も外部の監査機関により、公平性やプログラムの改ざんがないか、またペイアウトがなされているか、サポートがしっかりと行き届いているのかなどのチェックが入ります。
外部の監査機関でこのように定期的なチェックを受け、そしてそのデータは全て公表されています。
オンラインカジノの監査機関として有名なのが「イーコグラ」があります。監査が入っているのか認定を受けているのかということも、公式ホームページではチェックをしておきましょう。

オンラインカジノの問題点

オンラインカジノの問題点

オンラインカジノの問題点として、掲示板などでスパム広告が貼られていたり、スパムメールの被害などが相次いでいるといった問題があります。
オンラインカジノは、一部の大手のカジノは信頼できるといえますが、まだまだ悪質な業者もありますし、イメージ自体がそれほど良くありません。
こういった業者のせいで業界全体が悪いイメージに取られがちなのもオンラインカジノのデメリットなのです。

オンラインカジノの安全性を検証してみる

オンラインカジノの魅力

オンラインカジノの魅力

ネットでゲームをプレイするというのが主流となっている現在ですが、今はそういった世の中でもオンラインカジノに注目が集まっています。
オンラインカジノはインターネットで遊べる、カジノのギャンブルゲームです。カジノで人気のゲームがたくさん楽しめるというほかにも、実際に現金を賭けて、ギャンブルをして楽しむ事が出来るということから、人気となっています。
オンラインカジノは、現地の華やかなカジノをそのまま再現したサイトで、いつでも手軽にカジノ体験が出来るのが大きな魅力です。さらに、最近では、プレイヤー同士が、情報交換をしたりと、交流をすることが出来たり、マルチプレイヤーシステムで、テーブルでプレイヤー同士が交流をすることが出来るようなシステムも出来上がり、とても楽しめます。

オンラインカジノは、楽しく遊びながら稼げるという点でも大きな魅力があり、遊びの一つとしても人気ですが、ちょっとした副業としても注目されています。
オンラインゲームの楽しさ、そしてパチンコやスロットなど、リアルなお金を賭けることが出来るという楽しさが合わさっているのがオンラインンカジノなのです。

安全な運営がなされているの?

オンラインカジノで遊ぶにあたって気にしておきたいのが、安全な運営がなされているのか?という点だと思います。
せっかくオンラインカジノで遊んだとしても出金ができないとなってしまうと大変困ってしまいます。
しかし、オンラインカジノを運営している業者は、私たちがイメージをしている、怪しいイメージではなく、ごく普通の会社であると考えておいて問題はありません。
海外では合法化されている国において、正式に国からライセンスが発行された上で運営されていますので、正式に認められている会社が運営をしているのです。

さらに、同じように、オンラインカジノにソフトウェアを提供しているソフトウェア会社も、ライセンスを取得しないと、運営をすることが出来なくなっています。
こちらのライセンスを取得するためには、時間もお金もかかりますし、半年以上の月日をかけ、厳しい審査をクリアしてからようやくライセンスが発行されるのです。
また、ライセンスを取得すると終わりというわけではなく、その後も、第三者である監査機関から、定期的に監査を受けることになります。

こういった厳しい体制の上でオンラインカジノは成り立っていますので、信頼性や安全性は、高いところが多いといえるでしょう。

オンラインカジノは違法になるのか?

オンラインカジノは違法になるのか?

ほとんとのオンラインカジノは、オンラインカジノが認められている国において、ライセンスが発行された上で、運営されています。
このため、違法というわけではありません。しかし、日本国内では賭博やカジノが禁止されていますので、日本国内で遊ぶ場合、罪に問われるのではないかと不安に思う方は存在します。
現在において、日本人が、オンラインカジノでプレイをするというのは合法でも違法でもなく、グレーゾーンであると考えられています。
なぜなら日本の賭博罪には
『プレイヤーと胴元の双方共が日本国内にないと検挙することが出来ない』
という定義がある為です。

オンラインカジノの場合、海外業者が運営を行っており、サーバーが海外にあります。
このため、賭博罪として罪に問うことは出来ないとされています。
また、オンラインカジノはインターネット上でのやりとりになりますので、検挙をする際にも、証拠を集めにくくなっています。このため、オンラインカジノは、合法とはいえないのですが、けして違法ともいえないというのが現状です。

しかし、今後法律などが見直されていく可能性もありますので、ニュースなどを小まめにチェックしておくことがおすすめです。

日本の公営ギャンブルとの違い

日本の公営ギャンブルとの違い

オンラインカジノと、パチンコやスロットなどの公営ギャンブルとは良く比較されがちとなっています。同じギャンブルですが、これらには違いがいくつもあります。
確かに、これらのギャンブルは見た目も遊び方も似ていますが、大きな点で勝てる割合の違いがあります。
オンラインカジノはペイアウト率が97~98%程度に保たれていて、非常にプレイヤーへの還元率が高くなっています。

しかし、パチンコ、スロットなどのペイアウト率は75~80%というペイアウト率で、オンラインカジノよりも低くなっています。
プレイヤーに戻ってくる金額の割合にこれほど違いがありますので、それだけオンラインカジノの方が勝てる可能性が高くなっているのです。
パチンコ、パチスロなどは、気晴らしに楽しめたり、自分で出る台を探してみるなどの楽しみ方もありますが、効率よく稼ぐことを考えて見ると、オンラインカジノの方がおすすめです。どちらもメリットはありますが、忙しい方や、出先でもスマートフォン、タブレットで手軽に楽しめるというのはオンラインカジノだけのメリットとなります。

オンラインカジノの魅力を検証する

オンラインカジノはどのような点が魅力なのか?

オンラインカジノはどのような点が魅力なのか?

オンラインカジノは、世界中に8千万人ものプレイヤーが存在しているギャンブル・ゲームです。日本ではまだそれほど馴染みがないオンラインカジノの世界ですが、オンラインカジノは、インターネット上で手軽に出来るギャンブルとして海外では知名度があります。
ヨーロッパを初めとした各国では、オンラインカジノに関するテレビコマーシャルが流れていたり、街には看板が掲げられていたりと、一大エンターテイメントとしても知られています。

オンラインカジノは、従来までのランドカジノとは違い、それをネット上で楽しめるということから、世界中に爆発的に普及しています。もちろん、日本国内にいながら、これらのゲームを楽しむことも出来ますし、実際にリアルマネーを賭けて、そしてギャンブルをする事が出来ます。
海外のサイトということで、日本人はこれまで敷居が高い部分がありましたが、最近では、日本語対応サイトも増えてきています。このため、オンラインカジノは、日本人でも無理なく楽しめますし、各種サポートなども充実していますので、何か分からない事があれば、すぐにサポートまで相談をすることも可能となっています。

いつでもどこでも出来るオンラインカジノ

いつでもどこでも出来るオンラインカジノ

オンラインカジノは、いつでもどこでも遊べるというのが大きな魅力です。オンラインカジノは、インターネットの環境さえあれば、パソコンやスマートフォン、タブレット端末などで、どこでもプレイが出来ます。通勤時間を利用したり、空き時間や休憩時間もいつでも出来ますし、自宅だけではなく、出張先や滞在先でも遊べます。場所を問わないので、それだけ多くの時間楽しむ事が出来るといえるでしょう。

また、競馬やパチンコ、スロットなどは、開催日や、お店の営業時間しか楽しめませんがオンラインカジノは、24時間365日いつでも楽しむ事が出来ます。寝る前の時間帯だったり、休みの日はもちろんですが、家事などの合間にもギャンブルが出来てしまいますので、それだけ手軽に楽しめます。忙しい現代人にぴったりのギャンブルとなっています。

オンラインカジノは、時間帯などを問わず自由に楽しめますので、負けを取り戻したいという時にも、集中して出来ますし、周りの目を気にする必要などもありません。
一人でじっくりと集中して楽しめるというメリットもあります。

オンラインカジノのペイアウト率とは?

オンラインカジノのペイアウト率とは?

オンラインカジノの一つの魅力として、そのペイアウト率の高さがあります。オンラインカジノは、日本の公営ギャンブルである、パチンコやパチスロ、競馬などと比較しても、ペイアウト率が非常に高いことでも知られています。
パチンコや、競馬などのギャンブルは、75~80%という還元率ですが、オンラインカジノに関しては、97~98%という還元率です。オンラインカジノは、ランドカジノと同様に、高いペイアウト率を誇っており、他のギャンブルと比較しても、その還元率は、ダントツの高さとなっています。

オンラインカジノは、多くのギャンブルの中でも、ペイアウト率がこれほど高いため、それだけ勝利することが出来る可能性が高くなっています。オンラインカジノがこれほどまでにペイアウト率が高い理由として、テナント料がかからず、人件費などがかからないという理由があります。他のギャンブルとは違い、こういった経費がかからないので、それだけカジノ側の儲けをプレイヤーへと還元することが出来るのです。

オンラインカジノの公平性について

オンラインカジノを始める上で、詐欺やイカサマなどはないのかと不安になっている方も多いです。しかし、オンラインカジノでは、多くのサイトで公平性が確立されているといえるでしょう。オンラインカジノは、オンラインカジノが合法の国において、国から正式にライセンスが発行された上で運営されています。これらのライセンスは、厳しい審査をクリアしてようやく取得できるものであり、ライセンスを取得するためには、高額なライセンス料も必要となります。

また、オンラインカジノを運営する上で、これらのライセンスを取得することは必要最低限であり、そのほかにも、継続して第三者である監査機関からの監査を受けることが必要となります。これらのチェックは定期的に行われ、公平性や、プログラムの改ざんがないか、不正がないかなどが監査でチェックされます。
第三者という監査機関がチェックをすることになりますので、大変厳しい審査になり、もしも審査で不正が見つかれば、ライセンスが剥奪されてしまうことになります。このように、オンラインカジノは、公平性が保たれつつ運営されているので、安全に遊ぶことが出来ます。
その為オンラインカジノを選ぶ際に、ライセンスを取得している、もしくは第三者機関による監査を受けている優良サイトを選べば、詐欺やイカサマなどもなく、安全に遊ぶことが出来るといえるでしょう。

オンラインカジノの特性とメリット

手軽なオンラインギャンブル

オンラインカジノは手軽なギャンブル

今、手軽なギャンブルとして知られているのが、オンラインカジノです。オンラインカジノは、インターネットのWEB上で、楽しめるギャンブルゲームです。
実際のマカオや、ラスベガスなどのカジノの世界をオンライン上で再現したギャンブルであり、実際にリアルマネーを賭けて楽しめるギャンブルです。もちろん、ゲームに勝利をした場合には、一攫千金を目指すことが出来ますし、本場のカジノと同様に、一夜にして億万長者となることもできます。
オンラインカジノは、インターネット上で楽しめるので、とてもお手軽ですし、パソコンやスマートフォンで自由自在に楽しめます。

本場のカジノの場合、日本から海外旅行をする際にしか体験することが出来ませんが、オンラインカジノならば、ゴージャスで華やかなその世界をいつでも体験することが出来るのです。
最近のオンラインカジノは、鮮明なグラフィックに、美しいサウンドなど、非常に進化しており、スリリングでエキサイティングなゲームが出来ます。
マルチプレイヤーシステムなどがあり、世界中のプレイヤーと交流をすることも出来ますし、ライブカジノというシステムでは、生中継で、実際のディーラーとコミュニケーションを取りながら、スリリングなゲームをすることが出来ます。
オンラインカジノは、色んなイベントも行われており、非常に盛り上がっているエンターテイメントの一つです。
海外では既にメジャーとなっており、有名なオンラインカジノサイトの運営業者は、スポーツチームのスポンサーをしていたりと、上場企業も少なくありません。
オンラインカジノは、多くの方から愛されており、全世界には約8千万人以上のプレイヤーが存在しており、オンラインカジノでプレイをしています。

プレイスタイル

プレイスタイルを問わない

従来までのギャンブルは、開催時間や営業日に、お店や会場へと向かわなければならず、時間がない現代人には厳しいものでした。ほとんどのギャンブルが、開催日や営業日にお店に訪れる必要がありますし、パチンコや競馬なども、会場やお店にいかなければなりません。
しかし、オンラインカジノは、開催時間、営業日などに囚われず、いつでも楽しむ事が出来るようになっています。
オンラインカジノは、365日、24時間、いつでも楽しむ事が出来て、年中無休となっています。
さらに、オンラインカジノは、インターネット環境さえあれば、どこでも楽しめるというのも魅力です。たとえば、オンラインカジノは、スマートフォン、タブレットなどがあれば、自宅だけではなく、移動中や、滞在先、旅先でも、いつでもゲームが楽しめます。
体力的な負担もなく、いつでもどこでも楽しめるというのがオンラインカジノの大きなメリットです。
ちょっとした空き時間を生かして遊んだり、寝る前の時間帯にも楽しめるというのがオンラインカジノの大きな魅力となります。

ペイアウト

切っても切れないペイアウト率

ギャンブルをする上で、気にしておきたいのが、ペイアウト率です。オンラインカジノのペイアウト率は非常に高く、そのペイアウト率は97~98%と非常に高くなっています。
オンラインカジノのペイアウト率ですが、他のギャンブルのペイアウト率と比較しても高いので、それだけ勝ちやすいギャンブルとなっています。
たとえば、パチンコやスロット競馬などのギャンブルは、75~80%程度、そして宝くじやスポーツくじなどに関しては、45~50%程度というペイアウト率です。
オンラインカジノは、建物や土地代などがかからず、また維持費などもほとんどかかりません。テナント料などもかからず、ディーラーなどを雇う人件費なども最小限しか必要がありません。このため、多くの金額をプレイヤーへと還元することが可能となっています。
同じギャンブルをするならば、オンラインカジノをした方が、それだけ勝ちやすくなっているといえるでしょう。

オンラインカジノが儲かる構造

オンラインカジノの仕組みについてですが、詳しく知らないという方も多いです。
オンラインカジノは、プログラムの運営自体は、運営業者がプログラムを運営していますが、ゲームのソフトウェアなどは、大手のソフトウェア会社がこれを提供しています。
たとえば、マイクロゲーミング社や、プレイテック社などになります。

また、オンラインカジノでは、一日の入出金の金額が非常に多くなりますが、プレイヤーとオンラインカジノの運営業者の間に立ち、仲介会社としての決済会社が資金の流れを管理したり、決済の流れを管理しています。
オンラインカジノは、このように、いくつもの企業が合同で運営を行っているという仕組みになっています。
また、オンラインカジノは、それが合法とされている国において、正式にライセンスが発行された上で運営されており、さらに大手の監査機関によって、定期的に不正がないか監査されています。

時間を忘れてしまうオンラインカジノの魅力

人は好きなことに熱中すると、時間が経つことも忘れてしまいます。
そんな夢中になれるのが、オンラインカジノです。
アメリカのラスベガスのカジノでプレイした人は、眩いgばかりの世界に身を擁投じてゲームに熱くなる経験が脳裏からはなれないのではないでしょうか?
「あの時の興奮と感動をもう一度、体感してみたい。」
そう思うことでしょう。

しかし、そんなに海外にカジノをするだけに遊びにいくことなんて、そうそうできるものではありません。
そんな中、インターネットを使ってプレイできるカジノがオンラインカジノのなのです。
自宅でパソコンを開いてプレイできるだけなく、、スマホやタブレットでもアソ別ので、ネットさえつながっていれば、そのカジノの白熱した雰囲気を楽しめるです。

臨場感溢れるバーチャルカジノ

「でも、所詮はネットゲームなんでしょ?」
と軽く流すかもしれませんが、実際にオンラインカジノでプレイしてみると、画面のリアルさに驚きを隠せなくなります。
確かにバーチャルな世界なのですが、CGの出来栄があまりにも素晴らし過ぎて、思わず仮想空間に自分が存在しているが如くに、ゲームをしているのです。

CGでもゲームの内容はリアルそのもの

たとえ、カジノがオンラインでも、実際にコインを賭けて当たれば、コインが何倍にもなって戻ってくるのですから、本場のカジノをインターネット上でウレイしていることと変わりがないのです。

本場カジノに負けないくらいのゲーム内容

オンラインカジノでは、色々なゲームを楽しむことができます。
カジノの定番と言えば、スロットマシンがあります。
コインを投入して、後はスロットを回すだけ。
ラインが揃えば、ルールに基づいた倍率でコインが戻ってきます。
シンプルなギャンブルですが、ジャックポットに入れば、その倍率は何百倍にもなって返ってきます。
オンラインカジノのスロットで、高額の収入を手にした日本人をいるですから。

他にもカードゲームやルーレットもリアル感があって、どのゲームをしようかと目移りしそうになります。
カードゲームでは、ポーカーやブラックジャック、バカラ等のゲームで高い倍率で勝っている人もたくさんいるのです。
ブラックジャックでコツコツとコインを貯めて、バカラで一気に賭けることで、大きなリターンを狙う人も少なくありません。
ブラックジャックはディーラーから配られた2,3枚のカードの合計が21を超えなくで、近い人が勝ち!
21にならないのであれば、さらにディーラーから追加のカードをもらうのですが、ディーラーとの駆け引きが興奮度を高めてくれます。
中にはカメラを通じて、本物のディーラーがネット越しに写っていることもあるので、本当にリアル感満載のゲームです。

コツコツとチップを貯めて行きたいのであれば、ルーレットもお勧めです。
当たる確率が1/2の赤・黒のナンバーにチップを賭けるだけ。
10枚のチップを賭けて当たれば20枚。
20枚を賭けて当たれば、40枚。
倍々ゲームがどこまで続くかというスリルが堪りません。
そして、最後に1点狙いでチップを賭けて当たれば、高い配当をゲットすることができます。
激しく回るルーレットの中で転がる玉は、どのナンバーのポケットに収まるのか、それだけを考えただけで、熱くなってきます。

このようにオンラインカジノのゲームは、ルールが複雑ではないので、後は度胸と勘の勝負です。

オンラインカジノの払い戻しもすごい

ギャンブルでは、ペイアウト率が気になってきます。
掛け金の総額に対するリターン額の率がペイアウト率なのですが、ナント90%後半をキープしているレベルなので、当たれば高配当が期待できるのです。
競馬や競輪、あるいは宝くじのペイアウト率を見ると、60%〜80%程度なので、どれ程、オンラインカジノの率がすごいかが分かることでしょう。
ただ、全体的な率ですし、ギャンブルなので当然、勝ち負けは発生します。
それもカジノの醍醐味ではありますが。

オンラインカジノは日本で問題ないの?

ギャンブルで熱くなるって、おおっぴらに言っていますが、、国内で合法的に認められているのは、競輪や競馬、競艇ではないのかという素朴な疑問が出てくることでしょう。
確かに、オンラインカジノは合法的とは言えません。
しかし、このカジノを明確に取り締まる法律が、未だ整備されていないのも事実です。
従って、グレーゾーン的な要素はあるものの、海外で公開されているオンラインカジョンのアクセスをして楽しむ限りは、違法を断定することが難しいのです。

何れは何らかの規制が入るかもしれませんが、今の内は、思いっきり楽しむことです。

オンラインカジノの特徴まとめ

オンラインカジノの魅力

オンラインカジノの魅力とは?

オンラインカジノは、今世界中で話題となっている、ギャンブルゲームの一種です。実際のカジノの世界を、そのままインターネット上で楽しむ事が出来るオンラインカジノは、実際にリアルマネーを賭けて、そしてスリリングなプレイが楽しめるのです。
ラスベガスやマカオなどの本場のカジノの海外の雰囲気を味わうことが出来て、さらに一攫千金を狙うことが出来ると言うことから、世界中のプレイヤーに親しまれています。
日本では、まだ馴染みが有りませんが、最近では、徐々に日本人プレイヤーの数も増えていますし、オンラインカジノの方でも、日本語対応サイトも登場しています。

オンラインカジノは、全世界に8000万人ほどのプレイヤーが存在していて、その市場なども規模が非常に大きいです。
オンラインカジノの魅力として、まずはいつでもどこでも楽しめる手軽さがあります。
オンラインカジノは、24時間365日営業を行っていますので、インターネット回線さえあれば、いつでも楽しめるのが魅力です。
忙しい現代人も、いつでもどこでも楽しめるので、自分のペースやスタイルで楽しみやすく、副業感覚や、ちょっとした趣味、気晴らしでも楽しめるのが魅力です。

凄く高いペイアウト率

オンラインカジノのペイアウト率がすごい

オンラインカジノの、魅力の一つとして、そのペイアウト率があります。
オンラインカジノは、日本の公営ギャンブルと比較しても、プレイヤーへの還元率が非常に高くなっています。
まず、競馬やパチンコに関しては、75~80%のペイアウト率ですが、オンラインカジノは、97~98%というペイアウト率になります。
それだけ多くの金額がプレイヤーへと還元されると言うことから、勝てる可能性も高いわけです。

オンラインカジノは、オンライン上で運営がされていますので、テナント料がかからず、さらに人件費もかかりません。こういった事情から、プレイヤーへとそれだけ儲けを還元することが出来るのです。
また、各種ボーナスなども用意されていて、入金ボーナスや、月初ボーナスなどを受け取ることが出来ます。
パチンコや、スロットなどはこういったボーナスはありませんが、オンラインカジノは、プレイすればするほど、色んなボーナスが受け取れますので、それだけさらに勝ちやすいという魅力があります。

オンラインカジノ歴史

オンラインカジノの歴史とは?

オンラインカジノは、元々1994年に始まったもので、このときに、オンラインカジノの運営業者が、正式にライセンスを発行して運営することが出来るという風に法律で定められたのがきっかけです。
オンラインカジノは、その後、インターネットが普及するとともに、爆発的に広がり始めました。
今では、大手のソフトウェア会社とされている、マイクロゲーミング社などが名乗りを上げ、オンラインカジノのソフトウェァ開発に取り組みました。
その後、今のように、マルチプレイヤー対戦が出来るようになったりと、進化し続けています。
元々、カジノは、ヨーロッパでは古い歴史があり、賭博であるという面や、社交場という面の二面性があるなど、魅力的なものとして親しまれてきました。
オンラインカジノがこのように登場してからは、オンラインカジノも、同様に、世界中のプレイヤーに親しまれています。

仕組み

オンラインカジノの仕組み

オンラインカジノは、このように、登場してからは、オンラインカジノが正式に認められている国において、ライセンスが発行された上で、運営されています。
運営業者は、政府から正式にライセンスを発行された上で運営されていて、それらが公式サイトでも、記載されています。

また、ライセンスが発行されてそれで完了というわけではなく、第三者である大手の監査機関から、抜き打ちでチェックがなされています。
たとえば、プログラムに不正がないか、イカサマがないか、ペイアウトがなされているかなどが厳しく監査されています。
これらの厳しい監査をくぐり抜け、運営されていますので、今のオンラインカジノサイトは、安全性、そして信頼性がある程度確立されているといえるでしょう。
オンラインカジノが登場した当初は、イカサマサイトも多数ありましたが、今は信頼できるオンラインカジノサイトが非常に多く、特に大手の運営業者が運営しているサイトは、プレイヤーが安全にプレイできます。さらに、しっかりとしたセキュリティ対策がなされていることもほとんどです。

オンラインカジノの合法性

オンラインカジノは、日本では違法ではないかと思われがちです。しかし、オンラインカジノは、日本の法律で、具体的に明記されて居ないという状態なので、正しくは、合法でも違法でもないと考えておくと良いでしょう。
日本では、オンラインカジノは、正式には解禁されてはいませんが、海外のカジノで遊ぶのと同じように、日本の法律だけで裁くことが出来ないので、遊ぶだけで何か処罰されるということはないと考えておいて問題はありません。

パーレイ法と上手く付き合う方法

勝率がどんどん下がり続ける手法

よくマーチンゲール法と何が違うのと聞かれることがあるパーレイ法ですが、マーチンゲール法は、負けている時に何とかして挽回・回収すること、パーレイ法は勝っている時にどんどん増やす事を目的とした攻略法と言う違いがあります。しかし勝率はパーレイ法は徐々に下がり続けることになり、マーチンゲール法は上昇することになります。

連勝が続かない場合結果が逆になる

流れという部分もありますが、連勝と連敗は違った意味合いを持っています。連勝は続くことが基本的になく、連敗は何処かで止まると思われています。しかし連敗を止めることも大変なので、一気に回収するためのマーチンゲール法を利用されることが多いです。パーレイ法は連勝をすることですから、非常に難しい対応をしていると考えていいです。
基本的に、パーレイ法は勝率が徐々に下がり続けてしまい、10連勝の確率は1%を切ってしまいます。一方でマーチンゲール法を使っている時、連敗する確率は徐々に減っていき、10連敗の確率は1%未満とされています。実はパーレイ法とマーチンゲール法は反比例する数字となっており、連勝する確率はかなり減り、連敗から抜けられる確率は上昇することになります。

パーレイ法の場合は10連勝できるかが重要に

基本的に、10連勝する確率は0.01%とされます。これは1000回プレイして1回起こるかどうかの低確率となっており、多くの人はその前で負けてしまうと考えられます。オンラインカジノの場合は、確率にはない何かがありますから、プログラムの状況などを踏まえて連勝が突然止まってしまう可能性もあります。
10連勝できれば、その時点で10万円以上の利益を持っていることとなり、非常に多くの金額を確保できることとなります。パーレイ法では相当有効な方法ですから、出来れば10連勝は狙いたいところです。確率が低いことを頭に入れながら、10連勝できるチャンスがあるなら狙っていくといいです。
ただ連勝を止めてしまった場合は、その時点でマイナスに転落することとなります。パーレイ法は、どこかでしっかりと利益を確定させることも大事で、また1からスタートしてもいいのです。連勝できることを重点的に考えたいですが、オンラインカジノでそう簡単に10連勝ができるほど甘くはありません。何とかしたいと思っているよりも、出来れば途中で止めたり、チャンスがあるときだけ狙うなどの対応をしてください。

欲を切り捨てると勝ちやすい方法になる

パーレイ法の弱点、それは人の心にあります。人の心が欲に染まっていることは、それだけ負けてしまう可能性を高めることになり、勝てない状況を作ってしまうことが多いです。欲を切り捨てることが出来れば、オンラインカジノでも勝ちやすい攻略法として使われます。欲を捨てるために行う方法は2つあり、1つはある程度のタイミングでストップすること、もう1つは半分だけをプラスしてパーレイ法に使う方法です。

ストップすることがかなり重要になる

欲を捨てられない場合、連勝している時にはどんどん狙っていくと判断できますが、ストップできないと連勝していた時の利益が突然なくなってしまうこともあります。とにかくストップすることが必要になってきて、100ドルを超えたらストップするとか、200ドルまで行ったら絶対にやめておくなどの方法を取ります。オンラインカジノでストップできる気持ちを持っていることは、欲を持っていないことになりますから、大きなプラスよりもある程度のプラスで頑張れるようになります。
1000ドルまで行くという気持ちよりも、100ドルでもいいやという気持ちのほうがいいです。オンラインカジノは何が起こるのかわかりませんし、当たらないことは結構出てくるものです。オンラインカジノで勝ちたいなら、パーレイ法であまりにも無理をする方法は避けて、一定のラインまで行ったら終わりにする方法を取ってください。マーチンゲール法なら無制限で勝負をすることとなりますが、パーレイ法は逆の方法ですから、途中で止める気持ちを持ってください。

半分だけプラスして利益を確保する

もう1つは、パーレイ法でも安定する手法に切り替えることです。半分だけプラスして勝負をすることで、もらった金額の半分は残しておく方法を取ります。パーレイ法は、もらった金額を全額使うわけでもありませんから、使わないお金をオンラインカジノに残して、一部だけを使ってパーレイ法を続ければ利益は出せます。
これなら無制限にプレイしても大丈夫ですし、勝っている金額の半分は戻ってくることとなりますから、損失が計上されることもありません。パーレイ法の弱点とされている、欲を生んでしまうことを最初から減らしてしまい、オンラインカジノで勝つことを狙います。無制限にプレイを続けたい、リミットまで頑張りたいと思っている場合でも、半分だけプラスする方法はかなり有効ですから、お金を残したいならこちらを使ってください。

アイウォレットの使用上の注意

対応しているオンラインカジノが少ない点に気をつける

有名なオンラインカジノは入出金サービスに対応していることが普通です。当然多くのサービスに対応しているように思われますが、1つの会社しか対応していないところもあります。アイウォレットは、オンラインカジノでもそこまで多く対応していないことが多いので、利用したいと思ったらあまり使えなかったりすることが多々あります。

〇対応しているカジノは多くない

エコペイズが対応するようになり、多くのオンラインカジノがそちらに移行することになりました。複数のサービスに対応する必要が無いと思われている傾向もあるので、結果的に対応しているところが減りつつあります。アイウォレットに対応している中で有名なのは、ベラジョンカジノくらいです。後はジパングカジノとジャンボリーなどが対応していますが、そこまで多いわけでもありません。
オンラインカジノを運営していることで有名なウィリアムヒルカジノは非対応となっていますし、ワイルドジャングルカジノも対応していないのです。対応しているところが多ければ多いほど有利ですが、エコペイズの方が対応しているオンラインカジノが多くなっており、最終的に利用できるオンラインカジノの少なささに戸惑ってしまうかもしれません。
アイウォレット自体は良いサービスですし、日本語の対応がかなり前から行われていたことも事実です。しかしオンラインカジノの麺では少し遅れを取ってしまっていること、エコペイズが日本語に対応して手続きが楽にできることなどから、オンラインカジノ側もあまり使っていないサービスに変わってしまったのです。

〇これから増える可能性もある

オンラインカジノは増え続けているので、入出金サービスに対応させるところも増えてきます。その時にアイウォレットを選ぶのか、それともエコペイズを選ぶのかが重要になっています。どちらを選ぶのかによって、サービスの質が変わってくることになりますから、できることなら対応しているサービスが拡大して、アイウォレットが使いやすい状況が生まれたほうがいいかもしれません。
今後もエコペイズとの争いはかなり行われることになり、アイウォレットは拡大する可能性を秘めています。口座を持っていれば、もしかしたら突然使えるようになったサービスが増えたり、オンラインカジノの決済が行いやすくなるなど、メリットとして感じるところが出てくるかもしれません。それを待つようにしつつ、アイウォレットの入金額を調整しておくといいでしょう。

口座解約時にも手数料が必要

オンラインカジノを変えたいと思っている場合、アイウォレットが対応していないなら口座解約をしたいものです。これによって口座が使えないようにして、休眠口座手数料が発生しないようにします。ところが解約するにもお金が必要になり、アイウォレットは手数料を徴収します。解約の方法に加えて、手数料についても理解しておきましょう。

〇解約自体はアカウントから可能

もし解約したいと思っているなら、アカウントにある解約の手続きページに入ります。ここに入れば、アイウォレットのアカウントを削除できます。削除するには理由が必要と思われがちですが、実はそうしたものはありません。要らないと思っているならどんどん消してしまえばいいのです。つまりアカウント自体は、簡単に解約できると思われます。
しかし実際には、解約すると面倒なお金が発生するように調整しており、アイウォレットが解約を止めるようにしています。間違ってアカウントを作ってしまった場合も、手数料が必要になります。解約すると手数料が必要と思い、放置していると今度は休眠口座手数料が発生します。年間で20ドルを支払うことになり、使っていないのに余計なお金を取られてしまうのは大変です。従って休眠するくらいなら、どんどん解約したほうが得になります。

〇解約手数料は5ドル

使いづらいとか、オンラインカジノを変えたいと思っている場合に、アイウォレットを解約することとなりますが、手数料は5ドル必要です。このお金は口座から差し引かれるケースが多いのですが、入っていない場合は別途に支払いが発生します。入れておいたほうが楽ですから、10ドルくらい入金して残しておくか、必要な手数料を支払える体制を整えてください。
解約手数料が発生するのは厄介なことで、本来なら支払わなくてもいい手数料を払っている形になります。日本と違い解約することを恐れている傾向がありますので、アイウォレットはその引き止め要因として、色々なところに手数料を使っています。意外と面倒な部分も多いので、口座作成前に考えたほうがいいでしょう。

〇解約が完了するとアカウントは消滅

解約が完了して、アカウントが使えなくなると、ログイン不可能になります。新しいアカウントを作らないと、アイウォレットを利用できません。解約してよかったと思えるように、解約する際は必要なものは全て出し、そして何も残されていない状態で行ってください。お金が残っている状態では、逆に解約しづらいのです。

オンラインカジノの規制に関連する問題と改善

日本でのオンラインカジノは、グレーゾーン扱いとなっているため、基本的には違法として考えていくしかありません。しかし、グレーゾーンとされていても、日本人向けに提供されているオンラインカジノが多くなっています。日本人を狙っているのは、海外の人よりもギャンブルの方法が制限されていて、より簡単にできるネットのギャンブルを希望している傾向があります。ギャンブル依存症への対策も十分に進められている中、それでもオンラインカジノを利用したいと思っている人が多い現状も多いのです。

オンラインカジノが独自に行っている規制も


オンラインカジノとしては、問題が起こらないように調整させつつ、その上でオンラインカジノを十分に楽しんでもらいたいと思っているので、独自の規制を行っている場合もあります。独自の方法については、入金制限を行っている場合です。入金する金額を制限しておけば、ギャンブルに関連する問題は起こらないだろうと考えています。オンラインカジノとしては、多く使ってくれることが何よりも重要になっていますが、それ以上に考えてもらいたいのが依存症回避への取り組みです。

ギャンブル依存症になってしまうと、大金を使ってしまう場合があります。自分が使えるお小遣いは限られているのに、全て使ってしまって生活が困難となってしまったり、思っていた以上に辛い生活を続ける必要が出てきます。オンラインカジノは、ギャンブル依存症を誘発させることはせず、常識の範囲内でギャンブルを楽しんでもらいたいと考えているため、独自の規制を設けるようにして、多くの金額を使う場合には注意喚起などを行っています。

1日に利用できる金額を制限して、あまり使わないように調整しているオンラインカジノも出ています。ベラジョンカジノのように、個人的に制限を加えることで、ログインしている間にプレイできる時間だったり、入金額に制限を加えています。使う金額を調整していくことで、ユーザーが起こしている問題を減らしたいと考えているのもオンラインカジノの思いです。制限を設けている部分が多くなっているのも、今後の利用者が考えてくれることに期待しているためでもあります。

それでも減らないオンラインカジノへの依存


オンラインカジノが独自に行っている方法によって、多少入金額の調整をされたり、使う金額が減っているように思われますが、依存している人が減っていないわけではありません。むしろ、日本人向けにオンラインカジノの宣伝を増やしてしまったために、プレイしているユーザー自体は増えています。1度プレイしているユーザーが、オンラインカジノの魅力に取り憑かれてしまうと、そのままプレイを続けるようになります。こうしてオンラインカジノを多く利用されていることで、ギャンブル依存症に陥る場合もあります。

依存を回避するため、ログインしている時間を制限したり、規制している部分を増やしたオンラインカジノもありますが、抜け道がまだ残されています。ログイン規制は、ログアウトして再ログインを繰り返せば、結果的にプレイできる状況に変わらないのです。入金制限も、1日に制限している金額ですから、翌日になれば更に入金できるようになってしまい、多く入れたい場合は分割すればオンラインカジノへ入れられるようになります。

これからオンラインカジノは、より厳しい規制を考えて行っていく可能性もあります。入金規制を更に厳しいものにしたり、ログインを数回できないように調整するなど、依存症を作らないための改善を進める場合もあります。しかし、オンラインカジノは海外の会社です。日本人がどのようなプレイを行っていたとしても、結果的に自分たちは関係ないというイメージを強く持っています。なかなか現状では変わっていかないのです。

個人でオンラインカジノの問題を解決しよう


個人的に解決したいと思っているなら、オンラインカジノが持っている問題をしっかりと改善できるよう、入金などの問題を検討してください。ボーナスによって制限されるようになると、出したいと思うためにギャンブル依存症に陥る可能性があります。ボーナスを受け取らないようにして、少ない金額でちょっとだけ遊んでいくようなオンラインカジノの取り組みも大事になってきます。

プレイする金額が制限されるようになると、より多くの金額を使っている人よりも的中率は下がります。しかし、プレイしている回数が小さいために、損失を多くする問題はなくなっていくのです。かなり多くの損失を出してしまうのが嫌なのであれば、最初からオンラインカジノに入れる金額は小さいものにして、ボーナスは受け取らないか0ドルまでプレイを続行するような方法を取ってください。

個人でも対策のできる方法は多く用意されます。クレジットカードを利用した入金を減らすようにしたり、大金を使うようなゲームを避けるようにするなど、対策を進めるようにしながら多くの利益を追求するのが望ましいです。