一山当てたい時にプレイすべきギャンブル

オンラインカジノの魅力

オンラインカジノは、主に海外の企業が世界中の人々を対象として運営しているインターネット上のカジノサイトです。
マカオやラスベガスなどのランドカジノに行かなくても、パソコンやスマートフォンを利用して本場のギャンブルを楽しむことができます。

オンラインカジノの魅力

オンラインカジノはどれだけ儲かるのか?

オンラインカジノは還元率が高いため、ジャックポットが発生しやすいという特徴があります。還元率はペイアウト率とも呼ばれます。
胴元が運営費を売上から控除した残りの額が売上に占める割合のことで、総売上のうち利用者に還元される部分の割合を示しています。還元率が高いほど、ジャックポットが発生しやすくなります。

尚、ジャックポットとはギャンブルにおける大当たりのことです。
オンラインカジノの還元率は95%以上とされています。ちなみにパチンコやパチスロ、競馬などの還元率は70%から80%です。
オンラインカジノは日本からも多くの利用者がおり、1億円を超えるジャックポットが発生したケースも存在します。

オンラインカジノの法的属性

日本にいながら本場のギャンブルを楽しめるオンラインカジノは基本的に安全かつ合法です。海外のサーバー上にあるため、日本国内からアクセスしてギャンブルを楽しんでも原則として法規制の対象とはなりません。
また各オンラインカジノでは世界各国の政府からライセンスを取得して安全性が担保されています。
ライセンスはイギリスやフィリピン、パナマなどの政府が発行しており、取得するには厳格な審査を通過する必要があります。
審査を通過して実際にライセンスを取得する際には、高額なライセンス料を支払います。さらに取得後も定期的に審査が行われ、サイトの安全性が試されます。
一般的なオンラインカジノでは莫大なコストをかけて安全性の向上に努めており、誰もが安心して遊ぶことができます。

オンラインカジノは基本的に世界中の人々を対象として営業していますが、日本語で遊べるサイトも存在します。
手続が日本語でできるので非常にスムーズに遊べます。マカオなどのランドカジノで遊ぶ場合には、現地の言葉を使用します。
オンラインカジノを利用して本場のカジノでの遊び方に慣れておけば、実際にランドカジノへ行く場合にも安心です。

日本国内にもオンラインカジノにアクセスしてギャンブルを楽しんでいる多くの人たちがいます。
基本的にオンラインカジノは合法かつ安全に遊ぶことができますが、実質的に日本国内で賭博場を開帳していると見なされる場合など違法と判断されることがあるので注意が必要です。

オンラインカジノの法的属性

オンラインカジノと法律の歴史

オンラインカジノは海外の企業が世界中の人々を対象として営業しており、サイトも海外のサーバー上にあります。
日本国内からアクセスしてギャンブルを楽しんでも、明確な法規制は行われていないので合法と扱われます。
ただし一定の場合には違法と判断されることがあるので注意が必要です。

2016年2月には決済サービス「NetBanQ」の運営者が千葉県警によって逮捕されました。
同時にオンラインカジノの利用者も数名が家宅捜索を受けています。

このケースでは海外のオンラインカジノを利用していたものの、日本国内で決済サービスを提供したことが問題とされました。
家宅捜索を受けた利用者は略式起訴を受けましたが、1名が裁判で争ったところ不起訴処分となっています。
2016年3月11日には海外に拠点があるオンラインカジノの「スマートライブカジノ」が京都府警によって摘発され、個人利用客3名が単純賭博罪で逮捕されました。
しかしこのケースでも利用者は最終的に不起訴処分となっています。

日本国内で賭博場を開帳しているのと同視されるケースでは運営者が逮捕されて有罪とされたことはありますが、利用者が明確に違法と判断されたことはありません。
2016年6月10日に京都府警が摘発し運営者を逮捕した「ドリームカジノ」も、海外のライセンスを取得していたオンラインカジノでした。
スマートライブカジノも海外のライセンスを持っていましたが、実質的に日本国内で賭博場を開帳したと見なされたケースです。
ちなみにスマートライブカジノはイギリス、ドリームカジノはオランダ領キュラソー島でライセンスを取得して営業を行っていました。

オンラインカジノは基本的に合法かつ安全に遊ぶことができますが、このように日本人のみを対象とする場合には違法と判断されます。各サイトの特徴を十分確認してから利用する必要があります。

初心者が安心してギャンブルを楽しむには

オンラインカジノは基本的に海外の企業が世界中の人々を対象として営業しています。
中には日本語に対応したサイトもあり、合法かつ安全に遊ぶことができます。

一方で拠点を海外に置いていても、日本の業者が日本人のみを対象としてサービスを行っているサイトもあります。
実質的に日本国内で賭博場が開帳するのと同視される場合には、違法とされる場合があるので注意が必要です。
海外企業が運営する一般的な大手オンラインカジノでは、日本人だけでなく世界中の人々を顧客としているため違法と判断される心配はありません。
初心者でも安心してギャンブルを楽しむことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です