日本で重宝されていたネッテラーがなぜ撤退したのか?

電子決済サービスとオンラインカジノの関係は強く、オンラインカジノの入金や出金でおおきな役割を果たしています。
そんな電子決済サービスで、かつて日本でも頻繁に利用されていたのが、今回紹介するネッテラーです。

このネッテラーがなぜ、日本から撤退してしまったのか。
またどのような点がメリットやデメリットだったのか、という点に注目し解説します。

これを読めばきっとネッテラーがなぜ撤退し、どんなメリットやデメリットのある電子決済サービスだったのかがわかるのではないでしょうか。

それでは紹介していきましょう。

ネッテラーはなぜ日本から撤退したのか?

ネッテラーはなぜ日本から撤退したのか?

ネッテラーはイギリスの電子決済サービスで、グループの親会社はロンドン証券取引所にも上場している金融グループです。
電子決済サービスとしては非常にしっかりした運営体制を取っているネッテラーですが、日本からは2020年に撤退してしまいました。

これは、単純に利益が出ない、といったものの理由として挙げられるかもしれません。
しかし、それ以外の考えられる理由についても紹介していきましょう。

撤退した理由としては、オンラインカジノの決済方法自体から撤退していること、日本での利用はオンラインカジノの決済が主だったことです。

ネッテラーは、ブックメーカーと呼ばれるスポーツの試合の勝敗に対して賭けを行う、ギャンブルの決済手段として始まりました。
ヨーロッパではブックメーカーの普及は著しく、イギリス発のネッテラーは大きなシェアを獲得したのです。

そして、海外進出やオンラインカジノの決済も始め、ブックメーカーのような成功を世界各地で収めました。
その後、ブックメーカーやオンラインカジノの決済方法として、知名度が高まっていきました。

しかし、北米でネッテラーをギャンブルの決済として利用することを制限するという事態が起こり、それ以降徐々にオンラインカジノの決済方法からは手を引くようになっていきます。

そして日本に上陸した当初は取り扱っていたオンラインカジノの決済からも撤退し、日本向けのサービスも一度終了するまでに至りました。
そんなネッテラーは再度日本に進出をし、2度めのサービス開始を行います。

しかし、このときの再上陸時は純粋な海外送金サービスのみの展開であり、オンラインカジノでの利用はできない状況でした。
ネッテラーは、オンラインカジノの世界ではメジャーだったもののそれ以外の分野では日本にそこまで知名度が高くなかったため、実質無名なサービスだったことが災いしたのです。

日本での利用はオンラインカジノの決済がほとんどだったネッテラーは、十分な利用がなく2020年に撤退するに至ります。

ネッテラーのメリットとは?

ネッテラーのメリットとは?

ネッテラーには、いくつかのメリットがありました。
それは日本語対応、預金口座として貯金できる、プリペイドカードでATMから出金可能という点でした。

日本語対応に関しては、単にサイトで日本語の対応をしているのではなく、日本法人を置き、そこできちんとした対応を行っていたというメリットです。

多くの電子決済サービスが日本語対応がサイトのみというケースで、完全な日本語対応とは言いにくい状況でした。
それに対してネッテラーは、サポートも含めて日本語での対応が可能だったというのが、メリットとして挙げられます。

ネッテラーの口座は、預金口座として貯金も可能です。
つまり、オンラインカジノで儲けたお金をそのまま口座に貯金しておくことができました。
これによって別のオンラインカジノを遊ぶ場合も、ネッテラーに対応していればその口座から入金が可能だったのです。

ネッテラーはカードを発行しており、そこから出金することもできました。
クレジットカードのキャッシング機能に近い仕組みになっていたものの、後日ネッテラーの口座から引き落とされるので実質預金引き出しのような機能があり、便利でした。

こういったメリットが、ネッテラーの強みと言えるのではないでしょうか。

ネッテラーのデメリット

ネッテラーのデメリット

ネッテラーのデメリットは、他の金融機関に送金する場合に時間がかかった、北米での規制にあってから利便性が低下したといったものが挙げられます。

ネッテラーは、ネッテラー自身の口座から日本の銀行の口座に送金することができます。
しかし、他の電子決済サービスが最速3営業日を謳っている中、ネッテラーは高速送金などを実施していなかったため、とても遅いという弱点を抱えていたのです。

この送金の遅さがデメリットとして目立ち、いくら信用のある会社でも騙されたのでは、と思わせるくらいのデメリットでした。

北米でのギャンブル利用の規制にあってから、日本でのオンラインカジノの出金手段として徐々に利用できなくなりました。

オンラインカジノの決済として機能していただけにこの点が大きなデメリットになり、ユーザー数が減少したと言っても過言ではありません。

結局日本から撤退しなかったとしてもこれら2点が大きなデメリットになり、利用するユーザーが減った可能性もあります。

しかし、現在ネッテラーに代わり、アイウォレットやエコぺイズが決済手段として活躍しています。
もし、ネッテラー撤退を機に、オンラインカジノを離れたが、また遊びたいと思った方は、ぜひ登録してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です