オンラインカジノ雑記」カテゴリーアーカイブ

時間を忘れてしまうオンラインカジノの魅力

人は好きなことに熱中すると、時間が経つことも忘れてしまいます。
そんな夢中になれるのが、オンラインカジノです。
アメリカのラスベガスのカジノでプレイした人は、眩いgばかりの世界に身を擁投じてゲームに熱くなる経験が脳裏からはなれないのではないでしょうか?
「あの時の興奮と感動をもう一度、体感してみたい。」
そう思うことでしょう。

しかし、そんなに海外にカジノをするだけに遊びにいくことなんて、そうそうできるものではありません。
そんな中、インターネットを使ってプレイできるカジノがオンラインカジノのなのです。
自宅でパソコンを開いてプレイできるだけなく、、スマホやタブレットでもアソ別ので、ネットさえつながっていれば、そのカジノの白熱した雰囲気を楽しめるです。

臨場感溢れるバーチャルカジノ

「でも、所詮はネットゲームなんでしょ?」
と軽く流すかもしれませんが、実際にオンラインカジノでプレイしてみると、画面のリアルさに驚きを隠せなくなります。
確かにバーチャルな世界なのですが、CGの出来栄があまりにも素晴らし過ぎて、思わず仮想空間に自分が存在しているが如くに、ゲームをしているのです。

CGでもゲームの内容はリアルそのもの

たとえ、カジノがオンラインでも、実際にコインを賭けて当たれば、コインが何倍にもなって戻ってくるのですから、本場のカジノをインターネット上でウレイしていることと変わりがないのです。

本場カジノに負けないくらいのゲーム内容

オンラインカジノでは、色々なゲームを楽しむことができます。
カジノの定番と言えば、スロットマシンがあります。
コインを投入して、後はスロットを回すだけ。
ラインが揃えば、ルールに基づいた倍率でコインが戻ってきます。
シンプルなギャンブルですが、ジャックポットに入れば、その倍率は何百倍にもなって返ってきます。
オンラインカジノのスロットで、高額の収入を手にした日本人をいるですから。

他にもカードゲームやルーレットもリアル感があって、どのゲームをしようかと目移りしそうになります。
カードゲームでは、ポーカーやブラックジャック、バカラ等のゲームで高い倍率で勝っている人もたくさんいるのです。
ブラックジャックでコツコツとコインを貯めて、バカラで一気に賭けることで、大きなリターンを狙う人も少なくありません。
ブラックジャックはディーラーから配られた2,3枚のカードの合計が21を超えなくで、近い人が勝ち!
21にならないのであれば、さらにディーラーから追加のカードをもらうのですが、ディーラーとの駆け引きが興奮度を高めてくれます。
中にはカメラを通じて、本物のディーラーがネット越しに写っていることもあるので、本当にリアル感満載のゲームです。

コツコツとチップを貯めて行きたいのであれば、ルーレットもお勧めです。
当たる確率が1/2の赤・黒のナンバーにチップを賭けるだけ。
10枚のチップを賭けて当たれば20枚。
20枚を賭けて当たれば、40枚。
倍々ゲームがどこまで続くかというスリルが堪りません。
そして、最後に1点狙いでチップを賭けて当たれば、高い配当をゲットすることができます。
激しく回るルーレットの中で転がる玉は、どのナンバーのポケットに収まるのか、それだけを考えただけで、熱くなってきます。

このようにオンラインカジノのゲームは、ルールが複雑ではないので、後は度胸と勘の勝負です。

オンラインカジノの払い戻しもすごい

ギャンブルでは、ペイアウト率が気になってきます。
掛け金の総額に対するリターン額の率がペイアウト率なのですが、ナント90%後半をキープしているレベルなので、当たれば高配当が期待できるのです。
競馬や競輪、あるいは宝くじのペイアウト率を見ると、60%〜80%程度なので、どれ程、オンラインカジノの率がすごいかが分かることでしょう。
ただ、全体的な率ですし、ギャンブルなので当然、勝ち負けは発生します。
それもカジノの醍醐味ではありますが。

オンラインカジノは日本で問題ないの?

ギャンブルで熱くなるって、おおっぴらに言っていますが、、国内で合法的に認められているのは、競輪や競馬、競艇ではないのかという素朴な疑問が出てくることでしょう。
確かに、オンラインカジノは合法的とは言えません。
しかし、このカジノを明確に取り締まる法律が、未だ整備されていないのも事実です。
従って、グレーゾーン的な要素はあるものの、海外で公開されているオンラインカジョンのアクセスをして楽しむ限りは、違法を断定することが難しいのです。

何れは何らかの規制が入るかもしれませんが、今の内は、思いっきり楽しむことです。

オンラインカジノの特徴まとめ

オンラインカジノの魅力

オンラインカジノの魅力とは?

オンラインカジノは、今世界中で話題となっている、ギャンブルゲームの一種です。実際のカジノの世界を、そのままインターネット上で楽しむ事が出来るオンラインカジノは、実際にリアルマネーを賭けて、そしてスリリングなプレイが楽しめるのです。
ラスベガスやマカオなどの本場のカジノの海外の雰囲気を味わうことが出来て、さらに一攫千金を狙うことが出来ると言うことから、世界中のプレイヤーに親しまれています。
日本では、まだ馴染みが有りませんが、最近では、徐々に日本人プレイヤーの数も増えていますし、オンラインカジノの方でも、日本語対応サイトも登場しています。

オンラインカジノは、全世界に8000万人ほどのプレイヤーが存在していて、その市場なども規模が非常に大きいです。
オンラインカジノの魅力として、まずはいつでもどこでも楽しめる手軽さがあります。
オンラインカジノは、24時間365日営業を行っていますので、インターネット回線さえあれば、いつでも楽しめるのが魅力です。
忙しい現代人も、いつでもどこでも楽しめるので、自分のペースやスタイルで楽しみやすく、副業感覚や、ちょっとした趣味、気晴らしでも楽しめるのが魅力です。

凄く高いペイアウト率

オンラインカジノのペイアウト率がすごい

オンラインカジノの、魅力の一つとして、そのペイアウト率があります。
オンラインカジノは、日本の公営ギャンブルと比較しても、プレイヤーへの還元率が非常に高くなっています。
まず、競馬やパチンコに関しては、75~80%のペイアウト率ですが、オンラインカジノは、97~98%というペイアウト率になります。
それだけ多くの金額がプレイヤーへと還元されると言うことから、勝てる可能性も高いわけです。

オンラインカジノは、オンライン上で運営がされていますので、テナント料がかからず、さらに人件費もかかりません。こういった事情から、プレイヤーへとそれだけ儲けを還元することが出来るのです。
また、各種ボーナスなども用意されていて、入金ボーナスや、月初ボーナスなどを受け取ることが出来ます。
パチンコや、スロットなどはこういったボーナスはありませんが、オンラインカジノは、プレイすればするほど、色んなボーナスが受け取れますので、それだけさらに勝ちやすいという魅力があります。

オンラインカジノ歴史

オンラインカジノの歴史とは?

オンラインカジノは、元々1994年に始まったもので、このときに、オンラインカジノの運営業者が、正式にライセンスを発行して運営することが出来るという風に法律で定められたのがきっかけです。
オンラインカジノは、その後、インターネットが普及するとともに、爆発的に広がり始めました。
今では、大手のソフトウェア会社とされている、マイクロゲーミング社などが名乗りを上げ、オンラインカジノのソフトウェァ開発に取り組みました。
その後、今のように、マルチプレイヤー対戦が出来るようになったりと、進化し続けています。
元々、カジノは、ヨーロッパでは古い歴史があり、賭博であるという面や、社交場という面の二面性があるなど、魅力的なものとして親しまれてきました。
オンラインカジノがこのように登場してからは、オンラインカジノも、同様に、世界中のプレイヤーに親しまれています。

仕組み

オンラインカジノの仕組み

オンラインカジノは、このように、登場してからは、オンラインカジノが正式に認められている国において、ライセンスが発行された上で、運営されています。
運営業者は、政府から正式にライセンスを発行された上で運営されていて、それらが公式サイトでも、記載されています。

また、ライセンスが発行されてそれで完了というわけではなく、第三者である大手の監査機関から、抜き打ちでチェックがなされています。
たとえば、プログラムに不正がないか、イカサマがないか、ペイアウトがなされているかなどが厳しく監査されています。
これらの厳しい監査をくぐり抜け、運営されていますので、今のオンラインカジノサイトは、安全性、そして信頼性がある程度確立されているといえるでしょう。
オンラインカジノが登場した当初は、イカサマサイトも多数ありましたが、今は信頼できるオンラインカジノサイトが非常に多く、特に大手の運営業者が運営しているサイトは、プレイヤーが安全にプレイできます。さらに、しっかりとしたセキュリティ対策がなされていることもほとんどです。

オンラインカジノの合法性

オンラインカジノは、日本では違法ではないかと思われがちです。しかし、オンラインカジノは、日本の法律で、具体的に明記されて居ないという状態なので、正しくは、合法でも違法でもないと考えておくと良いでしょう。
日本では、オンラインカジノは、正式には解禁されてはいませんが、海外のカジノで遊ぶのと同じように、日本の法律だけで裁くことが出来ないので、遊ぶだけで何か処罰されるということはないと考えておいて問題はありません。