IR法はカジノのイメージ回復に役立つか

カジノ法案成立で日本第一号のカジノが誕生する

カジノ法案成立で日本第一号のカジノが誕生する

カジノ法案の成立によって、そう遠くないうちに日本第一号のカジノがオープンすることになります。
カジノがオープンするということに対して注目が集まっているため、カジノ施設単独でのオープンと考えている方もいらっしゃるかもしれませんがそれは違います。

カジノ法案の正式名称は統合型リゾート推進法案といいます。
これまで日本に存在しなかったカジノのオープンに関係するためカジノ法案という名で呼ばれていますが、この法案が目指すところは地域振興による経済の活性化です。

カジノは、ブランドショップやホテルをはじめ、複数の施設が集まったリゾート施設の目玉として建設されます。
日本ではこれまでカジノが禁止されていたので、カジノのオープンに合わせて多くの日本人が足を運ぶことになるでしょう。
そして、日本第一号のカジノ店のオープンは海外からの観光客の目を惹くことにもなるので、国内の観光客だけではなく、海外からの観光客も多く呼び寄せることができます。

これまでもこうしたリゾート施設は全国の至るところに建設され、大きな経済効果を発揮してきましたが、今回はカジノを含むリゾート施設というこれまでにはない新しいリゾート施設が誕生することになるので、その経済効果は計り知れないものがあります。
さらに、2020年には東京オリンピックが控えているので、海外からの利用者の数も過去のリゾート施設に類を見ないほど多くなることでしょう。

カジノのオープンに向けて法律も改定される

カジノのオープンに向けて法律も改定される

カジノ法案が成立したからといって、すぐにカジノが合法化が確定するわけではありません。
これから誰もが安心して安全に楽しめる環境を整えるため、カジノに関する事細かな規定が作られていきます。
そのカジノの規定を作る上で絶対に避けて通れないのが、賭博罪というこれまで違法ギャンブルに科せられていた罪の適用範囲の調整です。

現在の日本で違法ギャンブルとあたるものはなにかというと、競馬、競輪、競艇、オートレースを除くギャンブル全てです。
日本で馴染みのあるパチンコ、パチスロ、麻雀も実は合法ギャンブルではないのです。
パチンコ、パチスロの場合は店、景品交換所、換金所が独立し運営していることで賭博罪を免れていますし、麻雀の場合もその場でお金を賭けたという事実が見つけられなければ賭博罪として裁くことはできません。

この度カジノを合法化するにあたり、この賭博罪の内容が大きく変えられることになります。
賭博罪が作られたのはずいぶんと昔のことですので、このカジノの合法化を機に、カジノ以外のギャンブルに対しての内容の変更もあるかもしれません。

カジノ合法化によるオンラインカジノへの影響は?

カジノ合法化によるオンラインカジノへの影響は?

海外では20年以上前から人気のギャンブルとして親しまれているオンラインカジノですが、日本ではまだ海外ほどの高い人気を得ていません。

オンラインカジノにはメリットがたくさんあり、利益を目的にギャンブルを行うのならばオンラインカジノ以外の選択肢はないでしょう。
還元率は95%という驚異的な高さですし、億超えの大当たりも狙うことも可能です。
また、ネット上のカジノでプレイするため、営業時間なども気にすることなく、365日24時間いつでもプレイすることができます。
ネットサービスで重要視されるサポートも、メールだけではなく電話・チャットでのやりとりも可能ですし、なによりもオンラインカジノは海外の政府お墨付きのサービスなので、安全性に関してはまったく心配する必要がりません。
これほどメリットの多いギャンブルながらまだ日本での人気がそれほど高くないのは、カジノ=違法という法規制による印象が強いからでしょう。

カジノ=違法というのは正確には間違いです。
賭博罪に触れるかどうかが違法かどうかを見分けるポイントです。
賭博罪は、日本国内において開帳され、その場に胴元、張り子の両者がいることでその対象となります。
しかしながらオンラインカジノは開帳されるのはネット上であり、そのネットサーバーは海外にあります。
胴元である運営企業も海外企業ですので、現行の賭博罪ではオンラインカジノを違法ギャンブルとして裁くことはできないのです。
こうした賭博罪の効力範囲について知っている方達は、古くからオンラインカジノを楽しんでいますが、そうでない方は興味があっても法律に触れるのではないかと考え、利用したくても出来ない状況にあったと思います。

しかし、今回こうしてカジノが合法化することによって、合法と違法の間にあったオンラインカジノが完全に合法化される可能性もあります。
ネット上か実店舗かの違いだけで、ゲーム内容にはそれほどの違いはありません。
それにオンラインカジノは海外政府の許可に加え、定期的に第三者による監査も受けているので、他のどんなギャンブルよりも信頼できるギャンブルです。
日本政府もオンラインカジノの存在は知っていますので、こうした安全面、信頼面が考慮されればカジノ合法化に伴いオンラインカジノも合法化される可能性は十分にあるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です